プロローグ

プロローグ

2013.01.01 Tuesday 00:00

フィヤーバードが作られる過程の話が http://sound.jp/firebird/history.htm のサイトにひじょうにユニークかつわかりやすく書かれているので引用させて頂きます。問題等あればご連絡下さい。以下引用です。


1960年代のアメリカ合衆国。50年代後半から60年代前半にかけて華やかな音楽産業の一端を支え始めたエレクトリックギター市場において、ギブソンは苦境に立たされていた。

革新的なイメージを持つフェンダーギターに比べて、伝統的なフォルムを持つギブソンギターはもはや過去の産物と見なされていたのだ。テレキャスター、ストラトキャスターと立て続けにヒット作を送り出したフェンダーは、アメリカの伝統音楽であるカントリー系のプレイヤーからの確実な支持を受けていた。

ブロンドのテレキャスターからサンバーストのストラトキャスターへの変遷に影響を受け、ギブソンは52年に発売したレスポールに次のような変更を加えた。

 ・より軽量、安価なジュニアモデル、豪華なカスタムモデルの発売
 ・TVカラーの採用
 ・ゴールドトップへのチューンOマチックブリッジ(ABR-1)の採用
 ・ハムバッキングPU(PAF)の採用
 ・ジュニアのWカッタウェイ化、ゴールドトップからサンバーストカラーへの変更

しかしABR-1やPAFといった画期的な新技術を採用したにもかかわらず、結果は思わしくなかった。中でも革新性を旗印に58年に発表したフライングV、エキスプローラなどのいわゆるモダニスティックギターも市場からの反応は鈍く、実際の製造はわずか240本にとどまった。

一方、フェンダーが同じ58年発売したジャズマスターはギブソンの主な顧客であるジャズプレイヤーからは支持されなったものの、当時流行していた西海岸のサーフミュージックのミュージシャンを中心にスマッシュヒットとなったのである。

絶対数の多いポピュラーミュージックプレイヤーへの普及により、市場の中でのフェンダーの優位性はますます高まるばかり。

さらに59年のローズ指板への全面切り替えでよりギブソンに近いプレイヤビリティを手に入れたフェンダーは、60年のカスタムフィニッシュの導入でさらに顧客のニーズに近づき、61年にジャガーを投入。ラインナップも徐々に充実していった。

61年、ついにギブソンはレスポールのフルモデルチェンジに踏み切る。

9年続いた伝統的なシングルカッタウェイ、アーチドトップボディに別れを告げ、22フレットフルスケールネック、スキャロップドボディの軽量ギター、通称レスポールSGを発売したのだ。

61年、SGスタンダードは1662本のセールスを記録し、60年のレスポールスタンダードの635本に比べ2.5倍の伸長となったが、翌62年には1449本と15%も落ち込み、決して先行きは明るいものではなかった。
当時のギブソンの社長、テッド・マッカーティも相当頭を悩ましていたに違いない。


引用ここまで。

Firebird Blog
管理人@FireBird_bot(twitter)

ギターのファイヤーバード(Firebird、Gibson,epiphone,その他コピーモデル)についての歴史やスペック等を調べ、まとめています。

コメント
コメントする








   

categories

selected entries

links

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

archives

recent comment

profile

書いた記事数:106 最後に更新した日:2017/11/29

search this site.

mobile

qrcode