コピーモデル・アイバニーズ

アイバニーズ(Ibanez)とは

2015.08.31 Monday 13:29

アイバニーズ(Ibanez)とは


アイバニーズ(Ibanez)は、日本の楽器メーカー、星野楽器のギターベースに名を冠されるブランド。

ポールギルバートやスティーブヴァイ等のハイテクギタリストが使用し7弦ギター、8弦ギター等の低音弦を追加した多弦ギターをいちはやく販売していた事で有名。また、スティーヴィーレイヴォーンが好んだオーバードライブ、チューブスクリーマーを製造した事でも知られる。

その歴史は結構古く名古屋で最も古い書店のひとつ、星野書店が1908年(明治41年)楽器部(星野楽器店)を創設、その後1962年に輸出用ブランドとして「アイバニーズ」が誕生する。

日本ではIbanezは「イバニーズ」とも読まれていたが、1980年代の末頃、英語読みをカタカナ化した「アイバニーズ」を正式な呼称と定めた。

Firebird Blog
管理人@FireBird_bot(twitter)

ギターのファイヤーバード(Firebird、Gibson,epiphone,その他コピーモデル)についての歴史やスペック等を調べ、まとめています。

コメント
コメントする








   

categories

selected entries

links

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

archives

recent comment

profile

書いた記事数:102 最後に更新した日:2017/07/13

search this site.

mobile

qrcode