Gibson FireBird リバースモデル

1963年FireBird I

2013.02.01 Friday 00:00

クラプトンも使用した1ピックアップモデル



http://www.geocities.jp/guitarshop_maro/から引用

バインディングのないネックに、ドット・ポジションマーク。ブリッジはバー・タイプのものが使用されていてシリーズ中唯一、トレモロがついていません。各モデルに共通して言えることですが、1963年型のごく初期のモデルには、トレードマークである赤い鳥のイラストが描かれていないものがあります。これらはノーバード呼ばれ、生産台数が少ないためにプレミアの対象となっています。

エリック・クラプトンが使用していたことはあまりにも有名な話ですが、見ての通り1ピックアップ仕様のため、当然、コントロール系も1ボリューム・1トーンとシンプルの極みであります。ギブソンにはどのモデルにも必ずと言っていいほど、このテのモデルが存在します。レスポール Jrしかり、SG Jrしかり。しかし、P-90 の天地を揺るがす図太いサウンドに比べるとミニ・ハムは、岩にぶつかり砕け散る波音のようにトレブリーで、少々扱いにくいです。Jr に比べ、コイツを使用するギターリストが極端に少ないのも、それが原因かも知れません。80万円前後が相場でして、高くなったと言っても30万円台で手に入るJrに、価格の面でも軍配を上げざるをえません。



CrossRoads

エリック・クラプトンが「CrossRoads」でこのファイヤーバード1を使用していたことはあまりにも有名な話です。


  

Firebird Blog
管理人@FireBird_bot(twitter)

ギターのファイヤーバード(Firebird、Gibson,epiphone,その他コピーモデル)についての歴史やスペック等を調べ、まとめています。

コメント
コメントする








   

categories

selected entries

links

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

archives

recent comment

profile

書いた記事数:102 最後に更新した日:2017/07/13

search this site.

mobile

qrcode