Gibson FireBirdの歴史

1963年 歴史の始まり

2013.01.06 Sunday 00:00

最初のオリジナルファイヤーバード

オリジナルFirebirdには4つのモデルが用意されました。

・1PUでドットポジション、ネックバインディングのないFirebird I、
・2PUでドットポジション、ネックバインディングつきのFirebird 掘
・Firebird 靴縫屮蹈奪ポジションマークが施されたFirebird V、
・Firebird Vを3PUにしハードウエアがゴールドパーツのFirebird


(左からI、III、V、VII。色は当時用意されたカスタムカラー)

各モデルは、レスポールジュニア、スペシャル、スタンダード、カスタムに当てはまります。

全てのモデルにバイブローラが付属していたが、Iと靴亙燭燭ぅ◆璽猊佞離轡隋璽肇丱ぅ屮蹇璽蕕肇謄ぅ襯圈璽好屮螢奪犬料塙腓察↓垢鉢擦砲魯廛薀好船奪のノブ付のロングバイブローラとチューンOマチックの組合せです。Iだけにはテイルピースブリッジモデルも存在しました。

参考画像:ファイヤーバード発売時の広告





カスタムカラーを用意

Firebirdを発売した際ギブソンはフェンダーの14種のカスタムフィニッシュに対してサンバーストの他に10種類のカスタムカラーをオプションとして用意しましたが、発売当初手に入れることができたのは、白、黒、ゴールド、チェリーレッドだけだったといわれていています。

この10種類のカラーバリエーションは1960前後人気のあった車に塗られた色に近いものでした。しかし、実際には楽器店が売れ残ってしまう事を嫌がり、客ににカスタムカラーの存在を伝えない事がが多くカスタムカラーの生産台数は限られています。

下記画像はファイヤーバード発売時のカスタムカラー・チャート紙
カスタムカラー・チャート紙

Firebird Blog
管理人@FireBird_bot(twitter)

ギターのファイヤーバード(Firebird、Gibson,epiphone,その他コピーモデル)についての歴史やスペック等を調べ、まとめています。

コメント
コメントする








   

categories

selected entries

links

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

archives

recent comment

profile

書いた記事数:109 最後に更新した日:2018/12/18

search this site.

mobile

qrcode