Gibson FireBirdの歴史

1963年 歴史の始まり

2013.01.06 Sunday 00:00

※この記事はhttp://sound.jp/firebird/history.htmから引用、編集しています

最初のオリジナルファイヤーバード

オリジナルFirebirdには4つのモデルが用意されました。

・1PUでドットマーカーフィンガーボード、ネックバインディングのないFirebird I、
・2PUでドットマーカーフィンガーボード、ネックバインディングつきのFirebird 掘
・Firebird 靴縫屮蹈奪ポジションマークが施されたFirebird V、
・Firebird Vを3PUにしハードウエアがゴールドパーツのFirebird


(左からI、III、V、VII。色は当時用意されたカスタムカラー)

各モデルは、レスポールジュニア、スペシャル、スタンダード、カスタムにほぼ相当するレンジ分けです。

全てのモデルにバイブローラが付属していたが、Iと靴亙燭燭ぅ◆璽猊佞離轡隋璽肇丱ぅ屮蹇璽蕕肇謄ぅ襯圈璽好屮螢奪犬料塙腓察↓垢鉢擦砲魯廛薀好船奪のノブ付のロングバイブローラとチューンOマチックの組合せです。Iだけにはテイルピースブリッジ(TPBR8513)のモデルも存在しました。

また、Firebird IIIにはピックアップがミニ・ハムではなく、P-90のものが少数ですが存在しているそうです。ヘッドにはなぜかバンジョー・ペグが採用されておらず、ネックにバインディングも無し。ショート・ヴァイブローラーのアームバーも通常のものと違い、先端にプラスティック部分のないタイプが使用されているようです。

参考画像:ファイヤーバード発売時の広告





カスタムカラーを用意

Firebirdを発売した際ギブソンはフェンダーの14種のカスタムフィニッシュに対してサンバーストの他に10種類のカスタムカラーをオプションとして用意した。しかし発売当初手に入れることができたのは、白、黒、ゴールド、チェリーレッドだけだったといわれていています。

63年から69年まで用意された10種のカラーはいずれも59年から61年にかけて作られたオールズモビルやキャデラックなどのクルマに塗られた色で、この点はフェンダーに一致してあり、実際の色も一部を除いて名前が異なるだけの同じ色でした。現在でもノンリバースモデルを含め鮮やかなフィニッシュを施されたFirebirdのイメージが強いのですが、実際には楽器店の店主が在庫品の売れ残りのを嫌がり、顧客にカスタムカラーのインフォメーションをしなかったことが多くカスタムカラーの生産台数は限られていいました。

下記画像はファイヤーバード発売時のカスタムカラー・チャート紙。
http://www.geocities.jp/guitarshop_maro/pages/legends/pages/02.htmlからの引用です。


Firebird Blog
管理人@FireBird_bot(twitter)

ギターのファイヤーバード(Firebird、Gibson,epiphone,その他コピーモデル)についての歴史やスペック等を調べ、まとめています。

コメント
コメントする








   

categories

selected entries

links

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

archives

recent comment

profile

書いた記事数:101 最後に更新した日:2016/09/05

search this site.

mobile

qrcode