Gibson FireBirdの歴史

1966年 モデルチェンジ

2013.01.08 Tuesday 00:00

コストダウンのためのモデルチェンジ

満を持して発売したFirebirdでしたが残念ながらその売上げは期待通りとはなりませんでした。そこで65年に価格を抑えるためのモデルチェンジを行いました。

この変更は生産効率を改善する目的のモデルチェンジで以下の変更が行われました

1.スルーネックの廃止
手間がかかるスルーネックをやめセットネックへ変更しました。

2.ボディの共有化
ファイヤーバードはIとIII、VとVIIでボディの穴のあけ方が違います。
これを全て3ピックアップ分の穴を最初から開けておいて、ピックガードでそれを隠す方法を取りコストダウン化を図りました。

3.バンジョーペグの廃止
ファイヤーバード専用ペグだったバンジョーペグを止め、クルーソンペグに変更しました。

またピックアップもファイヤーバード専用のミニハムを減らすためIとIIIはP-90に変更、VとVIIはミニハムのままとなりました。


都市伝説

ノンリバースモデルを出した理由として一時期はフェンダーからのパテントの特許に抵触するおそれがあったためと言われていていました。しかし、これは全くの間違いです。実際にはファイヤーバードのボディのコンター処理がフェンダーの特許に抵触するのではないという事で実際にギブソンとフェンターの顧問弁護士で数回打ち合わせがあったのは事実です。しかしその直後フェンダーはCBSに売却されこの件はウヤムヤになりました。

ですので、フェンダーのパテント問題とノンリバースモデルが出た事は全く関係なく単純にコストダウンを図ったものだと思われます。



上記画像は1966年型FireBird III と思われます。

各スペック
1966年型FireBird I はバインディング無しのネックにドット・ポジションマーク、ピックアップはP-90、そしてショート・ヴァイブローラーを標準装備。

1966年型FireBird III は1966年型FireBird I にセンターピックアップが追加された仕様。

1966年型FireBird V はブリッジはチューン・オー・マチック&デラックス・ヴァイブローラーではあるがネックは型FireBird Iと同じでピックアップはミニハムバッカー。本家よりさらにトレブリーと言われています

1966年型FireBird VII はゴールド・ハードウェアにミニハムバッカーx3搭載、ブリッジはチューン・オー・マチック&デラックス・ヴァイブローラー、ネックは型 I と同じ。ノンリバースモデルは全てのネックが同じ仕様です

Firebird Blog
管理人@FireBird_bot(twitter)

ギターのファイヤーバード(Firebird、Gibson,epiphone,その他コピーモデル)についての歴史やスペック等を調べ、まとめています。

コメント
コメントする








   

categories

selected entries

links

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

archives

recent comment

profile

書いた記事数:109 最後に更新した日:2018/12/18

search this site.

mobile

qrcode