Gibson FireBird リバースモデル

Firebird 2018

2017.11.29 Wednesday 10:30

Gibsonの価値を見出せないファイヤーバード


http://www.gibson.com/Products/Electric-Guitars/2018/USA/Firebird-2018.aspx

こんな事言っていいのかわかりませんが、このモデルをGibsonで出す必要ってあるんでしょうか?ヘタなコピーモデルだってヘッドのデザインはもっとちゃんとしてると思うんです。ギヤレスチューナー使えなくなったのでしょうか?色もEbonyだけとか売る気があるとは思えないですこのモデル。

もちろん以前もギヤレスチューナーじゃないモデルはありましたが、必ずひとつは従来のファイヤーバードのスペックをきっちり踏襲していたので、それ以外はあくまでもバリエーションというところで納得できます。

しかし今年のファイヤーバードはこれだけで、しかもグローバーペグとか、Gibson自体が危ないって言われいる事を裏付けているとしか思えません。これを買いたい方がいたのであれば、これ以外のファイヤーバードを強く勧めます。てかこのファイヤーバードより劣るファイヤーバードは存在しないと言っていいでしょう。

Spec

Gibson FireBird リバースモデル

Firebird Studio 2018

2017.11.29 Wednesday 10:22

ファヤーバードスタジオ2018年バージョン


http://www.gibson.com/Products/Electric-Guitars/2018/USA/Firebird-Studio-2018.aspx

ファヤーバードスタジオの2018年バージョンです。ヘッドはノーマルタイプです。これはリバースヘッドが苦手な方でも違和感無く弾けると思います。そしてピックアップはP-90、ネックはセットネックという事は、これノンリバに近い仕様ですね。

ちょっと興味ありますが、色がVintage Sunburstのみってのが。もう少しバリエーションが欲しいです。例えばピックアップとピックガードが白のやつだけでもいいと思うのですが。ただ気になるモデルではあります。

Spec

Gibson FireBird リバースモデル

Slash Firebird

2017.11.29 Wednesday 10:16

あのスラッシュのファイヤーバードモデル


http://www.gibson.com/Products/Electric-Guitars/2017/Custom/Slash-Firebird.aspx

Guns N' Rosesのスラッシュモデルのファイヤーバード。
ストラップピンがボディ裏では無いので、どうやってバランスよくしているのか気になります。色はTrans WhiteとTrans Black、どちらもカッコいいし、ハムバッカーってのも使いやすそうです。ピックアップはセイモアダンカンのスラッシュモデルのようです。しかし、日本で買うと100万円近いのが。。ちょっと高すぎる気がします。てかスラッシュファンは普通にレスポールのスラッシュモデルを買いそうな気がするんですが、そんな事は無いでしょうか?

もっともスラッシュファンでありながらファイヤ−バードファンな自分には心惹かれるモデルです。

Spec

Gibson FireBird リバースモデル

Firebird Custom

2017.11.29 Wednesday 10:10

ギャグで言ってたカスタムモデル



http://www.gibson.com/Products/Electric-Guitars/2017/Custom/Firebird-Custom.aspx

元々ファイヤーバードには他のモデルにある「スペシャル」「スタンダード」「カスタム」という区分は無くI、III、V、VIIといったナンバリングでモデルを分けていました。なので「ファイヤーバードカスタム」というのはある種のギャグだったのですが本当に出てしまいました。

ハードウェアがゴールドパーツ、さらにボディまでもバインディングが入ったエボニーカラーは否応が無く高級感たっぷりです。が、これセットネックなんですよね。さらにペグもグロ−バーペグ、ピックアップはハムバッカーって、これファイヤーバードの面したSGですね。でもボディが厚めなので独特の音は出そうです。
これが40万円近いのは高いのか安いのかは判断迷う所です。

Spec

Epiphone FireBird

ジョー・ボナマッサモデル Treasure Firebird-I

2017.07.13 Thursday 11:27

エピフォンなのにバンジョーペグ&スルーネック!


ファンからもらった63年ファイヤーバードIを参考に作られたジョー・ボナマッサモデルTreasure Firebird-I。ファイヤーバードIは1ピックアップのためピックアップ切り替えスイッチやフロントピックアップのザクリが無いため他のファイヤーバードとは違う音がします。なんというか固く締まった音です。

ファイヤーバード好きの中で時々「ファイヤーバードIしか興味が無い」という方がいるのですが、ファイヤーバードIを弾くと納得できます。

さて、このギターはジョー・ボナマッサモデルですが、なんとエピフォンから発売されています。それにもかかわらずペグはバンジョ−ペグ、ネックはスルーネックというギブソン仕様。てかギブソンの現行品は今バンジョーペグじゃないから昔のギブソン仕様ですね。

ネックの形状はヴィンテージライクに作られていて自分にはすごくしっくりきました。現行品のファイヤーバードのネックが好きな人はちょっと苦手かも知れません。音も乾いたヴィンテージっぽい音を出し、これも個人的に気に入りました。しかもお値段が7万ちょいとかすごい!個人的に今一番欲しいファイヤーバードです。とりあえず楽器屋で試奏してほしいギターです。お値段以上のクオリティです!

SPEC




続きを読む >>

Firebird Blog
管理人@FireBird_bot(twitter)

ギターのファイヤーバード(Firebird、Gibson,epiphone,その他コピーモデル)についての歴史やスペック等を調べ、まとめています。


categories

selected entries

links

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

archives

recent comment

profile

書いた記事数:106 最後に更新した日:2017/11/29

search this site.

mobile

qrcode