Epiphone FireBird

Epiphone Slasher / Slasher FX

2013.07.02 Tuesday 04:00

Slasher 制作時期:2001年 



画像元:The Unofficial Epiphone Wiki(非公式エピフォンwiki)

こ、これは一体!?名前もすでにファイヤーバードでは無いですがボディシルエットはファイヤーバードです。しかしどんな経緯でどんなユーザーをターゲットに作ったのか見当つきません!

・Eシリーズウルトラホットハムバッカー
・ソリッドトーンウッド
・クロームハードウェア
・ボルトオン
・メイプルネック
・裏通し・Tune-O-Maticブリッジ
・1ヴォリューム 1トーン
・3ウェイセレクター
・色:Metallic Black、Red Metallic、Metallic Light Blue

Slasher FX 制作時期:2001年限定



これは上記Slasherになんとディストーションとコーラスが組み込まれたモデルです。あの伝説のFireBird2や日本のフレッシャーのファイヤーバードモデルを彷彿させるモデルです!

・Eシリーズウルトラホットハムバッカー
・ソリッドトーンウッド
・クロームハードウェア
・ボルトオン
・メイプルネック
・裏通し・Tune-O-Maticブリッジ
・1ヴォリューム 1トーン 1ディストーションゲイン
・ディストーション用ミニスイッチ
・コーラス用ミニスイッチ
・3ウェイセレクター
・色:Metallic Black、Red Metallic、Metallic Light Blue

Epiphone FireBird

Epiphone FireBird Studio

2013.07.02 Tuesday 08:11

Epiphone FireBird Studio 制作時期:2006年〜現在



画像元:The Unofficial Epiphone Wiki(非公式エピフォンwiki)

2005年まで生産されていたFireBirdVIIは生産をやめ、そのかわりに生産を始めたのがEpiphone版のファイヤーバードスタジオです。ギブソンがデザインしたものをベースにスタインバーバーのギヤレスチューナーをつけエピフォンが製作するという結構面白いく実用性が高いモデルだと思います。

・アルニコクラシック&クラシックプラスハムバッカー
・マホガニーボディ
・セットネック
・ドットインレイ
・ローズウッド指板
・ギアレスチューナー
・Tune-O-Maticブリッジ
・Stopbarテイルピース
・クロームハードウェア
・2ヴォリューム 2トーン
・3ウェイセレクター
・色:Worn Cherry、Ebony、Vintage Sunburst、Pelham Blue

Epiphone FireBird

Epiphone Korina Firebird(製作時期不明)

2013.07.02 Tuesday 10:00

Korina Firebird 制作時期:不明


画像元:The Unofficial Epiphone Wiki(非公式エピフォンwiki)

ボディ材がコリーナのファイヤーバードスタジオです。

・アルニコVハムバッカー・コリーナボディ
・セットネック
・ドットインレイ
・ローズウッド指板
・ギアレスチューナー
・Tune-O-Maticブリッジ
・Stopbarテイルピース
・クロームハードウェア
・2ヴォリューム 2トーン
・3ウェイセレクター
・色:Natural Korina finish

Epiphone FireBird

epiphoneとgibsonのファイヤーバードはどれくらいの違いがありますか?

2013.07.03 Wednesday 00:10

YAHOO!知恵袋 epiphoneとgibsonのファイヤーバードはどれくらいの違いがありますか?
YAHOO!知恵袋 epiphoneとgibsonのファイヤーバードはどれくらいの違いがありますか?

YAHOO知恵袋に上記のような質問があり、2名の方が回答しています。

ki44_2kouさん

エピフォンは過去いろいろなファイアーバードを出していますが、本家のスルーネック構造を踏襲したものは販売していません。またピックアップも本家より若干コモル感じの音です。

過去モデルで本家に近いルックスだったのはセットネックでロングバイブローラを搭載した札皀妊襪任靴腓Δ。現在販売しているStudioはセットネック+ハムバッカーPUになっていますのでFirebirdよりもむしろSGに近いサウンドです。


hellcasters99さん

ホンモノのファイヤーバードって、意外と使いづらい音なんです。独特な細い音で。それがエピフォンになると、なぜか普通のギターの音が出ます(笑)。ぜんぜん扱いやすい音になって。

だから、ギターとしてならエピフォンのほうが使いやすいけど、ファイヤーバードの音では無い、っていうカンジです。SGの方が近いっていうのも、なんとなくわかります。もともとスルーネック構造って、あんまりいい音が出る構造じゃないんですよね。でもそれこそが、ファイヤーバードの持ち味だったりして(笑)。古いバーニーのコピーのほうが、ファイヤーバードっぽかった気がします。



なんとなく思っていたのですがやはり「本家より使いやすい」みたいですね。これは面白いです。

Epiphone FireBird

ジョー・ボナマッサモデル Treasure Firebird-I

2017.07.13 Thursday 11:27

エピフォンなのにバンジョーペグ&スルーネック!



ファンからもらった63年ファイヤーバードIを参考に作られたジョー・ボナマッサモデルTreasure Firebird-I。ファイヤーバードIは1ピックアップのためピックアップ切り替えスイッチやフロントピックアップのザクリが無いため他のファイヤーバードとは違う音がします。なんというか固く締まった音です。

ファイヤーバード好きの中で時々「ファイヤーバードIしか興味が無い」という方がいるのですが、ファイヤーバードIを弾くと納得できます。

さて、このギターはジョー・ボナマッサモデルですが、なんとエピフォンから発売されています。それにもかかわらずペグはバンジョ−ペグ、ネックはスルーネックというギブソン仕様。てかギブソンの現行品は今バンジョーペグじゃないから昔のギブソン仕様ですね。

ネックの形状はヴィンテージライクに作られていて自分にはすごくしっくりきました。現行品のファイヤーバードのネックが好きな人はちょっと苦手かも知れません。音も乾いたヴィンテージっぽい音を出し、これも個人的に気に入りました。しかもお値段が7万ちょいとかすごい!個人的に今一番欲しいファイヤーバードです。とりあえず楽器屋で試奏してほしいギターです。お値段以上のクオリティです!

SPEC
Neck Joint: Thru-Neck
Neck Material: Mahogany/Walnut, 9-pc Laminated
Body Wing Material: Mahogany
Body Shape: Reverse Firebird
Neck Shape Options: 1960's Rounded-C
Truss Rod: Adjustable, Dual-Action
Scale Length: 24.75"
Fingerboard Material: Rosewood w/"Dot" Inlays
Nut: Ivory PVC
Headstock: Original Firebird Beveled
Bridge Pickup: Epiphone ProBucker FB720
Controls: Master Volume, Master Tone
Knobs: Gold "Top Hats" w/Metal Inserts and Pointers
Fingerboard Radius: 14"
Pickguard: 3-Layer, White/Black/White w/Vintage "Firebird" Logo
Frets: 22, Medium-Jumbo
Bridge/Tailpiece: Adjustable Wrap-Around "Lightning Bar"
Nut Width: 1-11/16"
Hardware: Nickel
Output Jack: Epiphone Heavy-Duty 1/4"
Machine Heads: Kluson Reissue Firebird/Banjo Tuners, 12:1 Ratio (14.6:1 Wind Rate)
Includes: Hand-Signed Certificate of Authenticity, Custom Deluxe Gigbag
Warranty: Epiphone Limited Lifetime




Firebird Blog
管理人@FireBird_bot(twitter)

ギターのファイヤーバード(Firebird、Gibson,epiphone,その他コピーモデル)についての歴史やスペック等を調べ、まとめています。


categories

selected entries

links

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

archives

recent comment

profile

書いた記事数:102 最後に更新した日:2017/07/13

search this site.

mobile

qrcode