Gibson FireBird リバースモデル

2014年 Skunk Baxter Firebird

2013.11.15 Friday 10:56

ジェフ”スカンク”バクスターモデル


スティーリー・ダンやドゥービー・ブラザーズでのプレイで人気を博したジェフ”スカンク”バクスターモデルのファイヤーバードです。

Gibson FireBird リバースモデル

2013年 Elliot Easton “Tikibird” Firebird

2013.11.01 Friday 10:31

エリオットエーストンモデル


カーズのエリオットエーストンモデルのファイヤーバード。2ハムバッカーにビグズビー搭載。4つあるミニスイッチはピックアップのコイルタップx2、フェイズアウト、バイパスとなります。ハムバッカーなだけにミニハムに抵抗のあるプレイヤーにも使いやすそうなギターです。

番外編

三鷹楽器

2013.11.01 Friday 00:00



三鷹楽器とは


三鷹、吉祥寺、千歳烏山に店舗を持ち通信販売も行っていた楽器販売店。創業は1965年頃(閉店時のお知らせで「38年間ご愛顧ありがとうございました」という文言から推測。webarciveより)。WebSiteは http://www.parkcity.ne.jp/~mitaka-g/ (閉じています)

バーニーへオーダーしたファイヤーバード7を製作した時期三鷹楽器は独自の仕様でメーカーにオーダー生産をしていた時期のようです。同じ頃(1994年)に東海楽器にストックされていた1980年代製ボディから東海楽器オリジナルモデル「TALBO」を復活させ、結果GLAYのHISASHIとのコラボレーションで“TALBO Secret FACTORY”が始動しTALBO普及へ貢献しています。(出典:東海楽器・Talboより)

また、THE STREET SLIDERSの蘭丸さんのサイケなペイントをしたSGの模倣ギターを製作したり、クリーム時代のクラプトンのサイケペイントを模倣したSGモデルをGibsonにオーダーしたりしていたようです。(出典:スライダーズおやじより。下記画像も同じく。ギターマガジンに載っていた三鷹楽器の広告ページだそうです)


閉店

しかし残念ながら三鷹楽器は2003年4月30日に閉店してしまいます。現在元吉祥寺店店長が三鷹駅南口に楽器屋よろずやを開店、現在も営業しているそうです。

追記:2016.01.04

小金井輪業というブログの三鷹楽器のカードという記事に三鷹楽器のカードの画像が掲載されています。

画像から三鷹楽器の店舗の住所がわかりました。
・フォークカウンティ 三鷹市下連雀3-26-14(現在は飲食店系のビルやUFJのあたり)
・ロックスポット 三鷹市下連雀3-37-4(現在はローソンのあたり)
・ミュージックランド烏山 世田谷市南烏山5-11-6
・サウンドパーク吉祥寺 武蔵野市吉祥寺南町1-5-13

コピーモデル・ダイヤモンド

ダイアモンド AFB-550

2013.10.01 Tuesday 01:00

90年代前半に荒井貿易からDiamondのブランド名でファイヤーバードモデルが発売されていました。

AFB-550



ボディ:マホガニー
ネック:マホガニー、セットネック
指板:ローズウッド 350R
スケール:630mm(24 3/4インチ)
ピックアップ:SMH-63 ハムバッキングx2
コントロール:2ヴォリューム 2トーン 3ウェイスイッチ
テイルピース:トムブリッジ、SBテイルピース
ハードウェア:クローム
カラー:ASB、B

他社のファイヤーバードモデル同様ネックジョイントはセットネックを採用しています。

ネックのスケールはSGモデルとも共通でミディアムスケールを採用しているようです。通常のファイヤーバードはフェンダーと同じロングスケールなのでこちらのAFB-550の方が弾きやすいかも知れません。【2014/6/27追記】通常のファイヤーバードもミディアムスケールです。

しかし荒井貿易さんがファイヤーバードを生産していただなんて知りませんでした。しかしフォロワーの@geppeldongerさんがこのギターを所有しており、それにより存在を知りました。

また、今回の記事を作るにあたって荒井貿易さんへ問い合わせしたところご担当のSさんから貴重な情報と上記のカタログ画像を頂きました。重ね重ねありがとうございます。

コピーモデル・ダイヤモンド

ダイアモンドとは?

2013.10.01 Tuesday 00:00

※こちらの記事は荒井貿易株式会社への質問に対してのご返信を元に作成しています。

ダイアモンド(Diamond)とは荒井貿易株式会社のブランド名です。「Aria Diamond」として販売していたのは1966〜1975頃です。その後AriaproIIへと変わっていきます。

そして1983〜1985年頃 ストラト系、リッケンバッカー系のコピーモデルを「Diamond」ブランドで販売。

さらに1990〜1992年頃 ギブソン、フェンダー系コピーモデルを「Diamond」ブランドで販売しています。ファイヤーバードはこの時期に製作されたようです。

アリアプロII登場以降「Diamond」は基本的にコピーモデル用として使用してきたそうです。現在のレジェンド、ブリッツの様な感じだそうです。

DiamondブランドでのファイヤーバードについてとDaiamondブランドについての荒井貿易さんへ問い合わせたところご担当のSさんから大変丁寧なご返信と貴重なカタログの画像を頂きました。この場を借りて御礼申し上げます。

Firebird Blog
管理人@FireBird_bot(twitter)

ギターのファイヤーバード(Firebird、Gibson,epiphone,その他コピーモデル)についての歴史やスペック等を調べ、まとめています。


categories

selected entries

links

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

archives

recent comment

profile

書いた記事数:101 最後に更新した日:2016/09/05

search this site.

mobile

qrcode